達成できる目標設定を心掛ける

エンジニアの中でも新入社員は、仕事に取り組む姿勢や心構えが求められる場合があるだろう。新入社員の場合は同期入社の人とのスタートが同じであるから、能力に大きな差が生まれる可能性は低いと考えられる。しかし、そこからどれだけ成長できるかによって個人差が生まれて、同期入社の間での能力の差が生まれてくる。
その大きな差を生み出す要因が、仕事に取り組む時の姿勢や心構えになる。具体的にどのような心構えを持っていればいいかと言う点については目標設定を行う事が有効な手段として挙げられるだろう。目標設定をすれば、その目標を達成するために努力を重ねるため自分の能力が高まる可能性がある。また、目標設定をする事は新しい事へ挑戦する事でもあるのだ。新しい事へ挑戦する事によって、新しい技術やノウハウを得られるので同期入社の人に差をつけるチャンスとも言える。
目標設定する事が苦手な場合には、人を目標にするのも1つの方法だろう。優秀な先輩や直属の上司のような身近にいる人を目標にする事で何をすれば成長できるかと言う部分が見えてくる場合がある。このように目標設定は自分の能力を高めるチャンスを生み出せるが、1つだけ注意点がある事を忘れてはいけない。それは、高すぎる目標は設定しないと言う事だ。自分のレベルに見合った目標を設定していなければ、大きな壁にぶつかる事や挫折を経験する事につながる。目標を達成する事で成長できるので、達成しやすい目標を設定すべきなのである。